小児矯正について

Q6.治療後の後戻りが心配

Q6.治療後の後戻りが心配

A.小児矯正に限らず成人矯正においても治療後の後戻りの危険性はあります。一般に、あごの骨の矯正(1期治療)については、より早期にはじめたほうが後戻りの危険性は少ないといわれていますが、基本的に治療後も定期的なチェックが必要です。(後もどりの危険性は不正咬合の種類により大きく異なります)

ページのトップに戻る