小児矯正について

不正咬合の種類と治療法

3.反対咬合:【緊急度;高】(受け口)

 歯並びの問題の中で皆さんが一番気にするのが反対咬合です。反対咬合は、歯並びの問題の中でも一番治療・管理が難しいとされ、長期間の治療と管理が必要なことがあります。そのため、できるだけ早い時期から、噛みあわせを調え、反対咬合を助長するような不適切な筋肉バランスや「癖」を整える必要があります。

反対咬合反対咬合

治療開始時期

3歳から:遺伝的な要因が強かったり、骨格的な不正が認められる場合は、できるだけ早期からの治療が有効だとされています。とくに下アゴの成長が強いケースでは、装置で成長を抑制したり、アゴの骨を縮めることはほとんどできないといわれているため、下アゴが大きく成長しないように早い時期から咬み合わせや筋肉のバランスなどを整えておく必要があります。

矯正装置

矯正装置

シールド型装置(ムーシールド)、フェイスマスク(上顎前方牽引装置):5歳までは夜寝るときに使うシールドタイプの装置(ムーシールド:柳澤宗光先生考案)を使用します。この装置は筋肉のバランス等を整え、間接的に反対咬合を改善するもので、装着は簡単で、2歳6ヶ月からの使用も実績があります。6歳以上の場合は、夜間使用するフェイスマスクタイプの装置を使って、アゴの骨に0.5~1Kgの力をかけてバランスを整えます。当医院では米国より直輸入した、最新のデザインのフェイスマスクを使用し、極力、日常生活に影響がないように勤めております。

治療期間

1.5年以上

反対咬合の管理は(治療ではありません)少なくても16歳までは必要です。

術前 術後

術前

術後

術前 術後

術前

術後

以上は、あくまで目安です。治療開始のタイミングは、歯並びの問題の重傷度や子供の成長発育状態やその他の要因によって変わります。また、専門医に相談する場合、「遅すぎる」ことはあっても「早すぎる」ことはありません。ご心配なことがある場合は、早めに相談しましょう。また、お子さまの年齢がすでに治療開始時期を過ぎている場合でも治療効果が期待できることが多くあります。お気軽にご相談下さい。

ページのトップに戻る