小児矯正について

不正咬合の種類と治療法

お子さまの歯並びの問題には以下のようなものがあります。自然治癒の可能性や、小児矯正の必要性、好ましい矯正治療開始時期などは、歯並びの問題の種類だけではなく、その重症度などにも大きく左右されます。

1.叢生(前歯のデコボコ、乱杭歯)

叢生歯が「おしくらまんじゅう」状態になってデコボコになってしまう歯並びです。原因としては、歯の大きさに対してアゴの骨がs狭いために起こることがほとんどです。

ページのトップに戻る

2.上顎前突(出っ歯)

上顎前突実際には上顎(上アゴ)が前に突出しているケースより、下のアゴの成長が十分でなかったり、上の歯が前に傾斜しているケースが多いとされています。

ページのトップに戻る

3.反対咬合:【緊急度;高】(受け口)

反対咬合反対咬合は、歯並びの問題の中でも一番治療・管理が難しいとされ、長期間の治療と管理が必要なことがあります。

ページのトップに戻る

4.下の前歯の重複萌出

下の前歯の重複萌出

下の前の乳歯がうまく抜けずに、その後ろから永久歯が萌えてきてしまうことがあります。この場合はアゴの拡大などが必要なことが多くあります。

ページのトップに戻る

5.緊密歯列(空きっ歯)

緊密歯列4~5歳の乳歯では、歯と歯の間に隙間があるのが正常です。萌え変わる永久歯は、乳歯に比べ、1.3~1.5倍の大きさがあるため隙間がないと叢生になってしまいます。

ページのトップに戻る

6.側方交叉咬合:【緊急度;高】(あごの横ずれ)

側方交叉咬合 上下のアゴの大きさのアンバランスなどにより噛み合せが横にずれることがあります。この状態を放置するとお顔がゆがんでしまう可能性があります。

ページのトップに戻る

7.過蓋咬合

過蓋咬合噛み合せが深すぎる場合は、下の前歯の先端は、上の歯とは接触せずに、上の歯の後ろの歯肉に当たっています。

ページのトップに戻る

8.開咬

開咬奥歯はしっかり噛んでいるのに前歯が開いてしまっている状態です。指しゃぶりや舌の位置異常が原因の場合があります。

ページのトップに戻る

9.前歯の交叉咬合:【緊急度;高】

前歯の交叉咬合前歯の1~2本が逆になっていると、下アゴが左右へずれてしまったり、噛むたびに不適切な力が歯や顎関節にかかり、痛めてしまうことがあります。

ページのトップに戻る

10.空隙歯列(空きっ歯)

空隙歯列

通常の萌え変わりでも一時的に前歯に隙間ができますが、とくに上の真ん中の前歯の間が2mm以上開いている場合は、注意が必要です。

ページのトップに戻る

11.萌出異常【緊急度;高】

萌出異常

乳歯の虫歯などが原因で、次の永久歯が正しい位置に萌えてこないことがあります。1本の歯の位置異常が咬み合わせを悪くさせることもあるので注意が必要です。

ページのトップに戻る

12.永久歯の叢生・位置異常【2期治療】

永久歯の叢生・位置異常永久歯の叢生や位置異常は、ある程度永久歯の萌えそろう10歳くらいからブラケット装置を用いて治療します。

ページのトップに戻る